岡田 有史 

所属部署材料化学系
職名助教
Last Updated :2021/09/17

プロフィール

取得学位

  • 修士(工学), 京都工芸繊維大学, 2000年03月
  • 博士(工学), 京都工芸繊維大学, 2003年03月

職歴(学外)

  • 2003年05月~2005年03月, 豊田工業大学, ポストドクトラル研究員
  • 2005年04月~2008年07月, 筑波大学, 研究員
  • 職歴(学内)

  • 2008年08月~, 京都工芸繊維大学, 助教
  • 教育活動

    担当授業

    • 材料機器分析概論
    • 無機化学演習

    シラバス

    『シラバスシステムへのリンク』

    研究活動

    研究分野

    • 研究分野:薄膜・表面界面物性, 結品工学, ナノ構造化学
    • 研究課題:
      • 酸化ガリウム表面におけるヘテロエピタキシーの初期過程
      • 分子を用いた2次元物質の作製

    所属学会

      応用物理学会, 日本表面真空学会, 日本物理学会, 日本セラミックス協会, American Chemical Society

    論文

    • Structural variations of two-dimensional networks of 2,4,6-tris(4-bromophenyl)-1,3,5-triazine on Au(111) surface from solutions
      著者名 : Arifumi Okada, Shingo Hasui, Kosuke Mino, Shinsuke Hara, Masamichi Yoshimura, Kohei Kadono
      掲載誌名 : Surface Science
      出版年月 : 2020年12月
      巻・号・頁 : 702, 121718
    • Atomistic study of comblike structure on the MoO2/Mo(110) surface by scanning tunneling microscopy and density functional theory calculations
      著者名 : Arifumi Okada, Shinsuke Hara, and Masamichi Yoshimura
      掲載誌名 : Japanese Journal of Applied Physics
      出版年月 : 2017年08月
      巻・号・頁 : 56 (9), 095501
    • メラミン-アルデヒドを用いた溶液法によるAu表面上のナノ構造作製とUHV-STM観察
      著者名 : 岡田有史,豊田麗,美濃宏亮,吉村雅満,角野広平
      掲載誌名 : 表面科学
      出版年月 : 2017年08月
      巻・号・頁 : 38 (8), 384-389
    • Scanning tunneling microscopy study on the oxidation and annealing of Ga/Si(111)
      著者名 : Arifumi Okada, Takuya Naeshirozako, Keiya Nishimura, Masamichi Yoshimura and Kohei Kadono
      掲載誌名 : Japanese Journal of Applied Physics
      出版年月 : 2017年03月
      巻・号・頁 : 56 (4), 045202
    • Effect of solvent evaporation temperature on the structure of two-dimensional melamine networks on Au(111)
      著者名 : Arifumi Okada, Yohei Nakata, Kosuke Minou, Masamichi Yoshimura, and Kohei Kadono
      掲載誌名 : Japanese Journal of Applied Physics
      出版年月 : 2016年
      巻・号・頁 : 55, 125001
    • TiO2(110)表面構造における不純物および組成変化の及ぼす影響: 走査トンネル顕微鏡による研究
      著者名 : 岡田有史, 野原七々恵, 吉村雅満, 石川洋一, 角野広平
      掲載誌名 : 材料
      出版年月 : 2016年
      巻・号・頁 : 65,430-435
    • Study of MgAl2O4(111) Spinel Surface Using Noncontact Atomic Force Microscopy
      著者名 : Arifumi Okada, Sekishu Go, Masamichi Yoshimura, Yo-ichi Ishikawa
      掲載誌名 : Japanese Journal of Applied Physics
      出版年月 : 2012年08月
      巻・号・頁 : 51, 08KB04
    • 走査トンネル顕微鏡法による個々のナノ粒子の物性評価
      著者名 : 重川秀実, 谷中淳, 吉田昭二, 岡田有史, 寺田康彦, 武内修
      掲載誌名 : マテリアルズインテグレーション
      出版年月 : 2008年
      巻・号・頁 : 7, 10-20
    • Anomalous Light Emission from Metal Phthalocyanine Films on Au(111) Activated by Tunneling-Current-Induced Surface Plasmon
      著者名 : Arifumi Okada, Ken Kanazawa, Kiwamu Hayashi, Naohiro Okawa, Takehiro Kurita, Osamu Takeuchi, and Hidemi Shigekawa
      掲載誌名 : Applied Physics Express
      出版年月 : 2010年01月
      巻・号・頁 : 3, 015201
    • Fabrication of comblike nanostructures using self-assembled cluster arrays of molybdenum oxides
      著者名 : Arifumi Okada, Masamichi Yoshimura, and Kazuyuki Ueda
      掲載誌名 : Applied Physics Letters
      出版年月 : 2007年05月
      巻・号・頁 : 90, 203102
    • Oxygen induced surface structure of Mo(110) studied by scanning tunneling microscopy
      著者名 : Arifumi Okada, Masamichi Yoshimura, and Kazuyuki Ueda
      掲載誌名 : Surface Science
      出版年月 : 2007年01月
      巻・号・頁 : 601, 5, 1333
    • バナジウム系水素吸蔵合金からの水素の電子励起脱離
      著者名 : 岡田有史, 赤石憲也, 上田一之
      掲載誌名 : 真空
      出版年月 : 2004年
      巻・号・頁 : 47, 3, 243-246
    • Measurement of C2 rotational temperature in Ar–SiH4–CH4 inductively coupled plasma flame with Abel inversion
      著者名 : A. Okada and K. Kijima
      掲載誌名 : Journal of Physics D: Applied Physics
      出版年月 : 2002年08月
      巻・号・頁 : 35, 2126-2132
    • Analysis of optical emission spectra from ICP of Ar–SiH4–CH4 system
      著者名 : A. Okada and K. Kijima
      掲載誌名 : Vacuum
      出版年月 : 2002年05月
      巻・号・頁 : 65, 3-4, 319-326
    • 高周波誘導結合型プラズマにおけるArの可視スペクトルの解析
      著者名 : 岡田有史, 木島弌倫
      掲載誌名 : 日本セラミックス協会学術論文誌
      出版年月 : 2000年01月
      巻・号・頁 : 108, 1, 70-73


    © Kyoto Institute of Technology, © Media Fusion Co., Ltd.