青木 隆史 

所属部署繊維学系
職名准教授
Last Updated :2019/06/04

プロフィール

職歴

  • 1988年04月~1990年03月, (財)相模中央化学研究所, 研究員補
  • 1990年04月~1991年03月, (財)神奈川科学技術アカデミー, 研究員
  • 1991年04月~2000年05月, 上智大学理工学部化学科, 助手
  • 2000年06月~2000年06月, 上智大学理工学部化学科, 講師
  • 2000年07月~2007年03月, 京都工芸繊維大学, 助教授
  • 2007年04月~, 京都工芸繊維大学, 准教授

担当授業

    学部:サステイナブルマテリアル, サステイナブルマテリアル
    博士前期:繊維系合同研修, バイオメディカル化学, バイオメディカル化学, 繊維系合同研修, バイオメディカル化学, 繊維系合同研修
    博士後期:バイオベースマテリアル化学, バイオベースマテリアル化学, バイオベースマテリアル化学
    シラバス:『シラバスシステムへのリンク』

研究分野

  • 研究分野:高分子化学, 高分子・繊維材料, 生体医工学・生体材料学

所属学会

    日本化学会, 高分子学会, 日本人工臓器学会, 日本バイオマテリアル学会, 繊維学会, 米国化学会 (American Chemical Society)

研究活動

論文

  • Green Polymers from Geobacillus thermodenitrificans DSM465 - Candidates for Molecularly Imprinted Materials,
    著者名 : M. Yoshikawa, K. Kawamura, T. Aoki, A. Ejima, S. Sakurai, K. Hayashi,, K. Watanabe
    掲載誌名 : Macromolecular Bioscience
    出版年月 : 2006年09月
    巻・号・頁 : 6, 210-215
  • Temperature- and pressure-responsive properties of L- and DL- forms of poly(N-(1- hydroxymethyl) propylmethacrylamide in aqueous solutions.
    著者名 : KUNUGI S., AOKI T., SETO Y.
    掲載誌名 : Colloid Polym.Sci.,
    出版年月 : 2005年10月
    巻・号・頁 : 283 (10), 1137 -1142.
  • Chiral recognition sites from carbonyldioxyglyceryl moiety by an alternative molecular imprinting,
    著者名 : M. Yoshikawa, N. Hotta, J. Kyoumura, Y. Osagawa, and T. Aoki,
    掲載誌名 : Sensors and Actuators, B,
    出版年月 : 2005年00月
    巻・号・頁 : 104, 282-288
  • Thermosensitivities of optically active hydrogels constructed with N-(L)-(1-hydroxymethyl)propylmethacrylamide,
    著者名 : T. Aoki, M. Muramatsu, A. Nishina, K. Sanui, and N. Ogata,
    掲載誌名 : Macromolecular Bioscience
    出版年月 : 2004年00月
    巻・号・頁 : 4, 943-949
  • ABA triblock copolymer POE-block-PDMS-block-POE as a component for liquid membranes
    著者名 : T. Sakiyama, T. Aoki, and M. Yoshikawa,
    掲載誌名 : Membrane, (Maku)
    出版年月 : 2004年00月
    巻・号・頁 : 29, 377-383
  • Thermostable natural protein polymers from Geobacillus thermotridenificans DSM465 as membrane materials for vapor permeation,
    著者名 : M. Yoshikawa, K. Kawamura, A. Ejima, T. Aoki, K. Watanabe, M. D. Guiver and G. P. Robertson,
    掲載誌名 : Membrane (Maku)
    出版年月 : 2004年00月
    巻・号・頁 : 29, 384-387
  • Evaluation of the recognition ability of molecularly imprinted materials by surface plasmon resonance (SPR) spectroscopy,
    著者名 : K. Taniwaki, A. Hyakutake, T. Aoki, M. Yoshikawa, M. D. Guiver and G. P. Robertson,
    掲載誌名 : Analytica Chimica Acta
    出版年月 : 2003年00月
    巻・号・頁 : 489, 191-198
  • Thermosensitive phase transition of an optically active polymer in aqueous milieu,
    著者名 : T. Aoki, M. Muramatsu, T. Torii, K. Sanui, and N. Ogata,
    掲載誌名 : Macromolecules
    出版年月 : 2001年00月
    巻・号・頁 : 34, 3118-3119
  • Thermosensitive phase-separation behavior of poly(acrylic acid)-graft-poly(N,N-dimethylacrylamide) aqueous solution
    著者名 : T. Shibanuma, T. Aoki, K. Sanui, N. Ogata, A. Kikuchi, Y. Sakurai, and T. Okano,
    掲載誌名 : Macromolecules
    出版年月 : 2000年00月
    巻・号・頁 : 33, 444-450

著書等

  • キラルゲルの最近の研究動向
    著者名 : 青木 隆史
    出版社名 : シーエムシー出版
    出版年月 : 2005年06月
  • 水素結合を駆使した水中の分子複合材料,
    著者名 : 青木隆史, 讃井浩平,
    出版社名 : シーエムシー出版
    出版年月 : 2000年00月
  • 刺激応答性ゲル膜による光学分割,
    著者名 : 青木隆史
    出版社名 : 日本膜学会
    出版年月 : 2000年00月
  • 液体膜, 最先端の機能膜技術-未来の膜技術を展望する-、吉川監修、pp.84-93.
    著者名 : 青木隆史
    出版社名 : シーエムシー
    出版年月 : 2005年
  • キラルゲル, 高分子ゲルの最近動向、柴山・梶原監修, pp.45-52.
    著者名 : 青木隆史
    出版社名 : シーエムシー
    出版年月 : 2004年
  • Intelligent polymer gels for DDS, Biomaterials and Drug Delivery toward New Millennium, pp.97-109.
    著者名 : N. Ogata, T. Aoki,
    出版社名 : Han Rim Won Publishing Co., Seoul, Korea
    出版年月 : 2000年
  • 刺激応答性高分子ハンドブック
    著者名 : 青木隆史
    出版社名 : 株式会社エヌ・ティー・エス
    出版年月 : 2018年12月

科学研究費助成事業

NO.研究種目研究課題交付年度
特定領域研究(2)生理活性物質と同期する光学活性高分子の構造転移挙動2002
特定領域研究(A)(2)生理活性物質と同期する光学活性高分子の構造転移挙動2001
特定領域研究(A)(2)細胞機能変化と同期する光学活性ハイドロゲルからなる細胞培養システムの構築2000
奨励研究(A)側鎖に核酸塩基を有するハイドロゲルの体積相転移とその分子認識2000


© Kyoto Institute of Technology, © Media Fusion Co., Ltd.