南 剛 

所属部署基盤科学系
職名准教授
Last Updated :2020/09/16

プロフィール

職歴

  • 1989年04月~2003年12月, 京都工芸繊維大学, 講師
  • 2004年01月~2007年03月, 京都工芸繊維大学, 助教授
  • 2007年04月~, 京都工芸繊維大学, 准教授

担当授業

    学部:ドイツ語初級演習A, ドイツ語初級演習B, ドイツ語中級A, ドイツ語中級B, ドイツ語上級A, ドイツ語上級B
    博士前期:高等教養セミナー10, 高等教養講義
    博士後期:言語文化情報学
    シラバス:『シラバスシステムへのリンク』

所属学会

    日本独文学会, クヴェレ会

研究活動

論文

  • トニオ・クレーガーの再会したハンスとインゲの像──トーマス・マンの翻訳の一問題── 作家と作品 その楽しみのすべて Ⅲ
    著者名 : 南 剛
    掲載誌名 : 京都工芸繊維大学学術報告書
    出版年月 : 2018年09月
    巻・号・頁 : 第11巻、33—51ページ
  • インディアンになりたい願いの奇跡各層と作品構造──カフカの翻訳の一問題── 作家と作品 その楽しみのすべて Ⅳ
    著者名 : 南 剛
    掲載誌名 : 京都工芸繊維大学学術報告書
    出版年月 : 2018年09月
    巻・号・頁 : 第11巻、53—67ページ
  • トーマス・マンとその時代──最大布置と最小布置、または救済する批評── 作家と作品 その楽しみのすべて Ⅰ
    著者名 : 南 剛
    掲載誌名 : クヴェレ
    出版年月 : 2018年03月
    巻・号・頁 : 第56号、45—96ページ
  • カフカの確実な世界構造──虚偽の現実と真実の非現実、または人間から人間を超えるものへ── 作家と作品 その楽しみのすべて Ⅱ
    著者名 : 南 剛
    掲載誌名 : クヴェレ
    出版年月 : 2018年03月
    巻・号・頁 : 第56号、97—154ページ
  • ゲーテの「野ばら」--ドイツ詩におけるいくつかの語法について、または文法と文学--
    著者名 : 南 剛
    掲載誌名 : 京都工芸繊維大学学術報告書
    出版年月 : 2008年03月
    巻・号・頁 : 第1巻
  • 馬鹿馬鹿しいほどただしい廣松渉、または言語論再考--廣松渉、ノヴァーリス、ベンヤミン、フーゴー・バル--
    著者名 : 南 剛
    掲載誌名 : クヴェレ
    出版年月 : 2007年12月
    巻・号・頁 : 第55号
  • ベンヤミンとカフカの近代 序論──文科系の論文の学問性──
    著者名 : 南  剛
    掲載誌名 : 人文
    出版年月 : 2005年03月
    巻・号・頁 : 第53号
  • ベンヤミンのカント論──真に「来たるべき」哲学のプログラムのために──
    著者名 : 南  剛
    掲載誌名 : 人文
    出版年月 : 2004年03月
    巻・号・頁 : 第52号
  • カフカとベンヤミンにおける彼岸的なものの近代的位相──超越論的世界と宇宙、あるいは思考可能性と論理総体──
    著者名 : 南  剛
    掲載誌名 : 希土
    出版年月 : 2004年03月
    巻・号・頁 : 第29号
  • ベンヤミンのヘルダーリン論または『海辺のカフカ』──「詩作されるもの(ダスゲディヒテテ)」をめぐって──
    著者名 : 南  剛
    掲載誌名 : クヴェレ
    出版年月 : 2003年12月
    巻・号・頁 : 第53号
  • ものすごいベンヤミン──初期論集1 ベンヤミン論序説──
    著者名 : 南  剛
    掲載誌名 : 人文
    出版年月 : 2003年03月
    巻・号・頁 : 第51号
  • あたりまえのカフカ──初期論集2 カフカ論序説──
    著者名 : 南  剛
    掲載誌名 : 人文
    出版年月 : 2003年03月
    巻・号・頁 : 第51号
  • 表現と真理──ベンヤミンの言語論について(Ⅱ)──
    著者名 : 南  剛
    掲載誌名 : 希土
    出版年月 : 2003年03月
    巻・号・頁 : 第28号
  • イメージの初源と終焉──カフカ短篇小説試論またはベンヤミンとともに見る必敗の回避──
    著者名 : 南  剛
    掲載誌名 : クヴェレ叢書
    出版年月 : 2002年07月
    巻・号・頁 : クヴェレ叢書第11巻『モデルネ、美と歴史への挑戦──ドイツ語圏のディスクルス──』
  • 真理と正義──ベンヤミンのカフカ論について──
    著者名 : 南  剛
    掲載誌名 : 希土
    出版年月 : 2002年03月
    巻・号・頁 : 第27号
  • 空気と世界構造──ヘタうまカフカ──
    著者名 : 南  剛
    掲載誌名 : クヴェレ
    出版年月 : 2001年12月
    巻・号・頁 : 第52号
  • 近代の五つのステージ──ベンヤミンの時代論および暴力批判論の再展開のための序論またはカントについての四つの重要な補足──
    著者名 : 南  剛
    掲載誌名 : 人文
    出版年月 : 2001年03月
    巻・号・頁 : 第49号
  • 希望のありか──ベンヤミンの「ゲーテの『親和力』」について──
    著者名 : 南  剛
    掲載誌名 : 希土
    出版年月 : 2000年12月
    巻・号・頁 : 第26号

著書等

  • 意志のかたち、希望のありか──カントとベンヤミンの近代──
    著者名 : 南  剛
    出版社名 : 人文書院
    出版年月 : 2005年04月
  • 空気のような世界、空気としての構造──カフカより孤独に──
    著者名 : 南  剛
    出版社名 : 人文書院
    出版年月 : 2005年04月


© Kyoto Institute of Technology, © Media Fusion Co., Ltd.