稲葉 宏幸 

所属部署情報工学・人間科学系
職名教授
Last Updated :2024/04/12

プロフィール

取得学位

  • 修士(工学), 大阪大学, 1989年03月
  • 博士(工学), 京都工芸繊維大学, 1992年03月

職歴(学内)

  • 1992年04月~2000年03月, 京都工芸繊維大学, 助手
  • 2000年04月~2007年03月, 京都工芸繊維大学, 助教授
  • 2007年04月~2010年02月, 京都工芸繊維大学, 准教授
  • 2010年03月~, 京都工芸繊維大学, 教授
  • 研究室ホームページ

    教育活動

    担当授業

    • ICT活用論
    • 情報理論
    • プログラミングⅡ
    • データ構造とアルゴリズム
    • 情報セキュリティ
    • ネットワークプログラミング
    • 情報伝送システム論
    • 情報数学特論

    シラバス

    『シラバスシステムへのリンク』

    研究活動

    研究分野

    所属学会

      情報処理学会, 情報理論とその応用学会, 米国電子電気学会(The lnstitnte of Electrical and Electronics Engineers), 電子情報通信学会

    論文

    著書等

    • 著者名 : 手塚, 悟; 佐々木, 良一; 石井, 夏生利; 小松, 尚久; 稲葉, 宏幸; 白勢, 政明; 上原, 哲太郎; 瀬戸, 洋一; 越前, 功; 高倉, 弘喜; 岡崎, 美蘭; 土井, 洋; 岡田, 仁志; 村上, 康二郎; 岡本, 栄司
      出版社名 : 共立出版
      出版年月 : 2011年10月
    • 電子透かし技術 -ディジタルコンテンツのセキュリティ
      出版社名 : 電機大出版局
      出版年月 : 2004年
    • 情報セキュリティ -暗号・認証・倫理まで-
      出版社名 : 昭晃堂
      出版年月 : 2003年

    科学研究費助成事業

    NO.研究種目研究課題交付年度
    基盤研究(B)仮想通貨の転々流通性によって繋がる経済的な共同体とその可視化に関する実験的研究2019
    基盤研究(B)仮想通貨の転々流通性によって繋がる経済的な共同体とその可視化に関する実験的研究2018
    基盤研究(B)仮想通貨の転々流通性によって繋がる経済的な共同体とその可視化に関する実験的研究2017
    基盤研究(B)仮想通貨の転々流通性によって繋がる経済的な共同体とその可視化に関する実験的研究2016
    基盤研究(B)仮想通貨の転々流通性によって繋がる経済的な共同体とその可視化に関する実験的研究2015
    基盤研究(C)アニメーション画像に適した電子透かしの開発2005
    基盤研究(C)(1)サイバー社会における情報倫理教育カリキュラムの検討2004
    基盤研究(C)(2)アニメーション画像に適した電子透かしの開発2004
    基盤研究(C)(1)サイバー社会における情報倫理教育カリキュラムの検討2003
    基盤研究(C)(2)アニメーション画像に適した電子透かしの開発2003
    基盤研究(B)(1)電子透かしアルゴリズムの安全性評価とバイオメトリクスへの応用に関する研究2002
    基盤研究(B)(1)電子透かしアルゴリズムの安全性評価とバイオメトリクスへの応用に関する研究2001
    基盤研究(C)(1)音響法・映像法による土石流監視システムの研究開発2001
    基盤研究(C)(1)音響法・映像法による土石流監視システムの研究開発2000
    奨励研究(A)計算機画像処理による土石流の様態解析2000
    基盤研究(B)(1)電子透かしアルゴリズムの安全性評価とバイオメトリクスへの応用に関する研究2000