野々口 斐之 

所属部署材料化学系
職名准教授
Last Updated :2024/04/12

プロフィール

取得学位

  • 修士(工学), 奈良先端科学技術大学院大学, 2007年09月
  • 博士(工学), 奈良先端科学技術大学院大学, 2009年09月

学歴

  • 2006年03月, 京都工芸繊維大学, 工芸学部物質工学科, 卒業
  • 2007年09月, 奈良先端科学技術大学院大学, 物質創成科学研究科博士前期課程, 修了
  • 2009年09月, 奈良先端科学技術大学院大学, 物質創成科学研究科博士後期課程, 修了

職歴(学外)

  • 2009年10月~2011年03月, 日本学術振興会, 特別研究員(PD)
  • 2011年04月~2013年06月, 奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科, 特任助教
  • 2013年07月~2018年03月, 奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科, 助教
  • 2018年04月~2020年12月, 奈良先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科(改組), 助教
  • 2016年10月~2020年03月, 科学技術振興機構, さきがけ研究者(兼任)
  • 職歴(学内)

  • 2021年01月~2024年03月, 京都工芸繊維大学, 講師
  • 2024年04月~, 京都工芸繊維大学, 准教授
  • 研究室ホームページ

    教育活動

    担当授業

    • 物理化学Ⅲ
    • 素反応速度論

    シラバス

    『シラバスシステムへのリンク』

    研究活動

    研究分野

    • 研究分野:エネルギー化学, 電子デバイス、電子機器, ナノ材料科学, ナノ構造化学, 機能物性化学

    所属学会

      炭素材料学会, Materials Research Society, フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会, 日本熱電学会, 光化学協会, 応用物理学会, 日本化学会

    論文

    著書等

    • マテリアルステージ2023年9月号
      著者名 : 野々口 斐之
      出版年月 : 2023年09月
    • 工業材料 2022年秋号
      著者名 : 入澤寿平; 中林康治; 野々口斐之; 森本正人; 宝田亘
      出版社名 : 日刊工業新聞社
      出版年月 : 2022年10月
    • 日立金属技報
      著者名 : 藤枝正; 廣金優二; 野々口斐之
      出版年月 : 2022年04月
    • 著者名 : 野々口斐之
      出版社名 : シーエムシー出版
      出版年月 : 2022年04月
    • Tanso
      著者名 : 野々口斐之
      出版年月 : 2021年01月
    • 著者名 : Nonoguchi, Yoshiyuki
      出版社名 : Woodhead Publishing is an imprint of Elsevier
      出版年月 : 2021年01月
    • 次世代熱電変換材料・モジュール開発と信頼性―熱電発電の黎明―
      著者名 : 野々口斐之
      出版年月 : 2020年03月
    • サーマルデバイス ~新素材・新技術による熱の高度制御と高効率利用~
      著者名 : 野々口斐之
      出版社名 : エヌ・ティー・エス
      出版年月 : 2019年04月
    • Flexible and Stretchable Medical Devices
      著者名 : 野々口 斐之
      出版社名 : Wiley-VCH
      出版年月 : 2018年02月
    • フレキシブル熱電変換材料の開発と応用
      著者名 : 野々口 斐之
      出版社名 : シーエムシー出版
      出版年月 : 2017年

    科学研究費助成事業

    NO.研究種目研究課題交付年度
    基盤研究(B)赤外プラズモニック熱電システムの超高感度化2023
    挑戦的萌芽研究個と集の双共鳴を利用したテラヘルツ光学素子の創出2023
    基盤研究(B)一次元プラズモニクスの理解に基づくテラヘルツ電磁波イメージング2021
    基盤研究(B)カーボンナノチューブによる熱電変換の学理深化と性能向上2021
    基盤研究(B)一次元プラズモニクスの理解に基づくテラヘルツ電磁波イメージング2020
    基盤研究(B)カーボンナノチューブによる熱電変換の学理深化と性能向上2020

    大学が推進する研究事業への参加

    • Kyoto AGORA 2021