田中 克史 

所属部署材料化学系
職名教授
Last Updated :2021/09/17

プロフィール

取得学位

  • 修士(工学), 東京工業大学, 1985年03月
  • 博士(工学), 東京工業大学, 1988年03月

職歴(学外)

  • 1988年04月~1992年06月, 山形大学工学部, 助手
  • 職歴(学内)

  • 1992年07月~1996年02月, 京都工芸繊維大学, 講師
  • 1996年03月~2007年03月, 京都工芸繊維大学, 助教授
  • 2007年04月~2013年03月, 京都工芸繊維大学, 准教授
  • 2013年04月~, 京都工芸繊維大学, 教授
  • 教育活動

    担当授業

    • 液晶・高分子物性
    • ファイバーサイエンス
    • 繊維システム論
    • 高分子形態制御学

    シラバス

    『シラバスシステムへのリンク』

    研究活動

    研究分野

    所属学会

      繊維学会, 高分子学会, 日本レオロジー学会, 応用物理学会, 日本液晶学会, The Society of Rheology , American Physical Society, Division of Polymer Chemistry, American Chemical Society, American Association for the Advancement of Science

    論文

    • Development and micro-gap flow evaluation of electro-rheological nano-suspensions
      著者名 : Katsufumi Tanaka, Takanobu Hira, Ryuichi Fukui, Haruki Kobayashi, Ryuichi Akiyama, Masami Nakano, Shouta Enami, Atsushi Totsuka
      掲載誌名 : Colloid and Polymer Science
      出版年月 : 2013年05月
      巻・号・頁 : Vol. 291, Issue 5, pp 1279-1286
    • The effects of carbon nanofibre on the liquid crystalline behaviour and cholesteric pitch of aqueous solutions of hydroxypropyl cellulose
      著者名 : Katsufumi Tanaka, Takashi Araki, Takatoshi Nozaki, Raita Tanaka, Haruki Kobayashi, Ryuichi Akiyama
      掲載誌名 : Liquid Crystals
      出版年月 : 2012年03月
      巻・号・頁 : Volume 39, Issue 3, PP. 285-294
    • Electrically Developed Morphology of Carbon Nano-Particles in Suspensions Monitored by In-Situ Optical Observations under Sinusoidal Electric Field
      著者名 : K. Tanaka, Y. Fujioka, A. Kubono, R. Akiyama
      掲載誌名 : Colloid and Polymer Science
      出版年月 : 2006年02月
      巻・号・頁 : 284(5), 562-567
    • Electro-rheological behavior of suspension composed of titanium dioxide nano-particles
      著者名 : *K. Tanaka, T. Wakayasu, A. Kubono, R.Akiyama
      掲載誌名 : Sensors and Actuators A
      出版年月 : 2004年05月
      巻・号・頁 : 112(2-3), 376-380
    • “Electro-Rheological Behavior of Hydrogen-bonded Liquid Crystalline 4'-n-docosyloxy-3'-nitrobiphenyl-4-carboxylic acid (ANBC-22) under Sinusoidal Electric Field”
      著者名 : *K. Tanaka, R. Akiyama, M. Takano, S. Kutsumizu and T. Yamaguchi
      掲載誌名 : Trans. Mater. Res. Soc. Jan
      出版年月 : 2004年03月
      巻・号・頁 : 29(3), 815-818
    • “Striped pattern formation in polymer dispersed liquid crystal films”
      著者名 : *A. Kubono, T. Sato, K. Takemoto, R. Akiyama, *A. Kubono, T. Sato, K. Takemoto, R. Akiyama, K. Tanaka
      掲載誌名 : Liquid Crystals
      出版年月 : 2003年10月
      巻・号・頁 : 30 (10), 1181-1187
    • “Structural Evolution during and after Cessation of the Shear Flow for a Side-Chain-Type Liquid Crystalline Polysiloxane above the Isotropic-Liquid Crystalline Phase Transition Temperature”
      著者名 : *Katsufumi Tanaka, Koichiro Yonetake, Toru Masuko, and Ryuichi Akiyama, Ryuichi Akiyama
      掲載誌名 : J. Macromol. Sci. B -Phys.,
      出版年月 : 2003年03月
      巻・号・頁 : B42 (3 & 4), 901-914
    • “Electric Field-Induced Cubic Phase in 4’-n-Docosyloxy-3’-nitrobiphenyl-4-carboxylic Acid (ANBC-22)”
      著者名 : *Shoichi Kutsumizu, Makoto Yamada, Takanari Yamaguchi, Katsufumi Tanaka, Ryuichi Akiyama
      掲載誌名 : J. Am. Chem. Soc.
      出版年月 : 2003年03月
      巻・号・頁 : 125 (10), 2858-2859
    • "Visco-elastic properties of reentrant nematic liquid crystalline mixtures"
      著者名 : *A. Kubono, K. Yoshino, T. Ninomiya, R. Akiyama, K Tanaka
      掲載誌名 : Liquid Crystals,
      出版年月 : 2002年08月
      巻・号・頁 : 29(8), 1089-1095
    • “Stress Behavior and Conductivity of the Electro-Rheological Suspensions”
      著者名 : *K. Tanaka, K. Ichizawa, Y. Onishi, A. Kubono and R. Akiyama, R. Akiyama
      掲載誌名 : Int. J. Mod. Phys. B,
      出版年月 : 2002年07月
      巻・号・頁 : 16(17-18), 2683-2689
    • “Shearing Microscopy using Polarized Optical Microscope with Shear Stage and Spectral Analyzer to Study Liquid Crystalline Polymers”
      著者名 : *K. Tanaka, K. Yonetake, T. Masuko, R. Akiyama
      掲載誌名 : J. Microscopy,
      出版年月 : 2002年01月
      巻・号・頁 : 205(1), 15-20
    • “Liquid Crystalline Alignments on Polar Surfaces Covered with amino and Hydroxyl Groups”
      著者名 : * A. Kubono, H. Onoda, K. Inoue, K. Tanaka, R. Akiyama
      掲載誌名 : Mol. Cryst. Liq. Cryst.,
      出版年月 : 2002年01月
      巻・号・頁 : 373, 1-15
    • Electro-optical response of hybrid twisted nematic liquid crystal displays
      著者名 : *A. Kubono, Y. Kyokane, Y. Kasajima, R. Akiyama and K. Tanaka
      掲載誌名 : J. Appl. Phys.
      出版年月 : 2001年12月
      巻・号・頁 : 89/7,3554-3559
    • “Effect of Cell Parameters on the Properties of Hybrid Twisted Nematic Liquid Crystal Displays”
      著者名 : *A. Kubono, Y. Kyokane, Y. Kasajima, R. Akiyama, K. Tanaka
      掲載誌名 : J. Appl. Phys.,
      出版年月 : 2001年12月
      巻・号・頁 : 90(12), 5859-5865
    • “Simultaneous Measurement of Rheological Behavior and Conduction Current for an Electro-Rheological Suspension with Cation Exchange Resin Particles”
      著者名 : *K. Tanaka., K. Ichizawa, R. Akiyama, A. Kubono
      掲載誌名 : J. Soc. Rheol., Jpn.,
      出版年月 : 2001年09月
      巻・号・頁 : 29(3), 105-109
    • Shearing effects on the electrorheological response
      著者名 : *K. Tanaka, S. Hashimoto, T. Takenouchi, I. Sugimoto, A. Kubono, R. Akiyama
      掲載誌名 : Int. J. Mod. Phys. B
      出版年月 : 2001年03月
      巻・号・頁 : 15/6-7,930-937
    • Simultaneous optical observation of anisotropic texture for a concentrated solution of poly(g-benzyl-L-glutamate) under transient stress response in shear flow
      著者名 : *K. Tanaka, Y. Oiwa, T. Kiguchi, R. Akiyama
      掲載誌名 : Colloid & Polym. Sci
      出版年月 : 2000年12月
      巻・号・頁 : 278/2000,1211-1215
    • Time scales for structure formation in an electrorheological suspension probed by optical and electrical responses
      著者名 : *K. Tanaka, K. Nakamura, R. Akiyama
      掲載誌名 : Phys. Rev. E
      出版年月 : 2000年10月
      巻・号・頁 : 62/4,5378-5382
    • Induced stress and particle behavior of the electro-rheological suspensions probed by electrical and mechanical responses
      著者名 : *K. Tanaka, T. Takenouchi, R. Akiyama
      掲載誌名 : Proc. of 2000 IEEE Int. Conf. on Industrial Electronics, Control and Instrumentation
      出版年月 : 2000年10月
      巻・号・頁 : /,1821-1826

    著書等

    • 京都工芸繊維大学・繊維学部・高分子学科・繊維製品設計研究室
      著者名 : 田中 史, 秋山 隆一
      出版社名 : 繊維学会
      出版年月 : 2004年06月
    • 有機・ナノ粒子複合系流体の電磁応用と最近の動向
      著者名 : 田中克史
      出版社名 : 蔵前工業会
      出版年月 : 2004年05月
    • “エレクトロレオロジー流体”,「マイクロマシン技術総覧」
      著者名 : 田中 克史
      出版社名 : (社)産業技術サービスセンター
      出版年月 : 2003年01月
    • “ER流体の応答特性”
      著者名 : 田中克史
      出版社名 : 日本フルードパワーシステム学会「機能性流体の油空圧機器への応用に関する研究委員会」
      出版年月 : 2002年03月
    • “ナノ粒子分散系のエレクトロレオロジー”,「ナノ粒子・マイクロ粒子の最先端技術」
      著者名 : 田中 克史
      出版社名 : シーエムシー
      出版年月 : 2004年
    • “Stress Behavior and Conductivity of the Electro-Rheological Suspensions” in “Proc. of 8h Int. Conference on ERF/MRS”
      著者名 : *K. Tanaka, K. Ichizawa, Y. Onishi, A. Kubono and R. Akiyama
      出版社名 : World Scientific
      出版年月 : 2002年
    • “Shearing effects on the electrorheological response” in Proc. of 7th Int. Conference on ERF/MRS and Their Applications
      著者名 : *K. Tanaka, S. Hashimoto, T. Takenouchi, I. Sugimoto, A. Kubono, and R. Akiyama
      出版社名 : World Scientific
      出版年月 : 2000年

    受賞

    NO.受賞年月受賞名授与者
    2003年05月日本レオロジー学会論文賞日本レオロジー学会
    1992年06月繊維学会櫻田武記念賞繊維学会
    1991年05月高分子学会高分子研究奨励金受領高分子学会

    科学研究費助成事業

    NO.研究種目研究課題交付年度
    基盤研究(C)ナノ粒子複合系の異方性束縛場における構造形成・緩和過程の解析とその固定化2006
    基盤研究(B)ナノ粒子ER流体アクチュエータを用いた安全性の高いパワーアシストシステム2005
    基盤研究(C)ナノ粒子複合系の異方性束縛場における構造形成・緩和過程の解析とその固定化2005
    基盤研究(C)(1)キュービック液晶相の分子凝集構造の解明とその制御2004
    基盤研究(C)(1)キュービック液晶相の分子凝集構造の解明とその制御2003
    基盤研究(C)(1)キュービック液晶相の分子凝集構造の解明とその制御2002


    © Kyoto Institute of Technology, © Media Fusion Co., Ltd.