櫛 勝彦 

所属部署デザイン・建築学系
職名教授
Last Updated :2019/10/24

プロフィール

取得学位

  • 修士(芸術学), スタンフォード大学, 1994年06月
  • 博士(学術), 京都工芸繊維大学, 2007年09月

学歴

  • 1982年03月, 京都工芸繊維大学, 工芸学部意匠工芸学科, 卒業
  • 1994年06月, スタンフオード大学, 大学院修士課程(プロダクトデザインプログラム, 修了

職歴

  • 1982年04月~1991年06月, ㈱日本電気デザインセンター, インダストリアルデザイナー
  • 1991年07月~1994年08月, ㈱日本電気デザインセンターPCシステム部(途中、株式会社NECデザインに社名変更), 主任
  • 1994年09月~1996年06月, (株)NECデザイン ヒューマンインタフェースデザイン部, 主任
  • 1996年07月~1998年10月, (株)NECデザインヒューマンインタフェースデザイン部, デザイン専任課長
  • 1998年10月~1999年08月, (株)NECデザインデザインインテグレ-ションスタジオ, スタジオリーダー
  • 1999年10月~2007年03月, 京都工芸繊維大学, 助教授
  • 2007年04月~2008年07月, 京都工芸繊維大学, 准教授
  • 2008年08月~, 京都工芸繊維大学, 教授

担当授業

    学部:デザイン方法論
    博士前期:フィジカルインタラクションデザイン, 共創デザインアプローチ
    博士後期:プロジェクトデザイン論
    シラバス:『シラバスシステムへのリンク』

研究分野

所属学会

    意匠学会, 日本デザイン学会, ヒューマンインタフェース学会, 感性工学会, 日本老年行動科学会

研究活動

論文

  • 駅構内におけるICカード利用促進のための調査研究
    著者名 : 伊藤晶子, 畔柳加奈子, 櫛勝彦, 滝山直樹, 神垣智一
    掲載誌名 : デザイン学研究
    出版年月 : 2016年03月
    巻・号・頁 : 第62巻・第6号・通巻234号・pp.85-94
  • Designing with and within a community
    著者名 : Kovac Aleksandar, Kittiwongsunthorn Warruntorn, 櫛 勝彦
    掲載誌名 : デザイン学研究
    出版年月 : 2014年01月
    巻・号・頁 : 第60巻・第5号・通巻221号・pp.93-102
  • Which Way to Open Design? Learning from Designer's Successes and Failures in Open Source Software Development Communities
    著者名 : Aleksandar Kovac, Warrunthorn Kittiwongsunthorn, 櫛 勝彦
    掲載誌名 : Proceedings of the 9th International Fab Lab Conference
    出版年月 : 2013年08月
    巻・号・頁 : Online
  • Automotive Peripheral Vision Interface: deliver information to the driver while operating an automobile
    著者名 : Warrunthorn Kittiwongsunthorn, Aleksandar Kovac, 櫛 勝彦
    掲載誌名 : Consilience and Innovation in Design, Proceedings and Program
    出版年月 : 2013年08月
    巻・号・頁 : vol.1+2・pp.1036-1047
  • 高齢者施設生活へのデザインアプローチ ラピッドエスノグラフィーによるニーズ定義とデザイン提案
    著者名 : 櫛 勝彦
    掲載誌名 : 日本老年行動科学会第16回大会プログラム・抄録集
    出版年月 : 2013年08月
    巻・号・頁 : p71
  • Analyzing Online Social Conditions Influencing Design Solution Contributions in Open Source Software Development
    著者名 : Aleksandar Kovac, 櫛 勝彦, Warrunthorn Kittiwongsunthorn
    掲載誌名 : Designシンポジウム 2012 講演論文集
    出版年月 : 2012年10月
    巻・号・頁 : pp.53-58
  • Displaying Information in Driver's Peripheral Vision
    著者名 : Warrunthorn Kittiwongsunthorn, 櫛 勝彦, Aleksandar Kovac
    掲載誌名 : Designシンポジウム 2012 講演論文集
    出版年月 : 2012年10月
    巻・号・頁 : pp.563-570
  • 家電製品のエコ表示に関する調査およびユーザ評価
    著者名 : 杉本美貴, 岡田 栄造, 櫛勝彦, 山本建太郎
    掲載誌名 : デザイン学研究
    出版年月 : 2011年05月
    巻・号・頁 : Vol.57, No.5, pp.81-88
  • 工学系デザイン教育機関における専門教育内容の変遷
    著者名 : 木谷庸二, 山口眞理, 櫛勝彦, 藤戸 幹雄
    掲載誌名 : 日本デザイン学会誌
    出版年月 : 2011年03月
    巻・号・頁 : 日本デザイン学会研究論文集 第57巻第6号通巻204号、pp.61~70
  • デザイナーのエコデザインへの意識と取組み
    著者名 : 杉本美貴, 岡田 栄造, 櫛勝彦, 山本建太郎
    掲載誌名 : デザイン学研究
    出版年月 : 2010年09月
    巻・号・頁 : Vol.57, No.3, pp.1-10
  • Organized Reframing Process with Video Ethnography
    著者名 : Katsuhiko Kushi
    掲載誌名 : HCI International 2009, 13th International Conference on Human-Computer Interaction Proceedings & Posters
    出版年月 : 2009年07月
    巻・号・頁 : CD-ROM
  • Basic research on transition of design domain and design role in Japanese electric industry -By the use of "Design domain map
    著者名 : Yoji Kitani, Keiichiro Kawarabayashi, MIkio Yamashita, Noboru Koyama, Katsuhiko Kushi, MIkio Fujito
    掲載誌名 : IASDR2007
    出版年月 : 2007年11月
    巻・号・頁 : IASDR2007
  • Comparative Research on Japanese, European and American Automobile Industries in Product Design Development
    著者名 : Mikio Fujito, Noboru Koyama, Yoji Kitani, Katsuhiko Kushi, Mikio Yamashita, Keiichiro Kawarabayashi
    掲載誌名 : nternational Design Congress, IASDR2007 Proceedings of International Congress
    出版年月 : 2007年11月
    巻・号・頁 : IASDR2007 CD
  • Comparative Research on Japanese, European and American Automobile Industries in Product Design Development
    著者名 : Mikio Fujito, Noboru Koyama, Yoji Kitani, Katsuhiko Kushi, Yasufumi Morinaga, Mikio Yamashita, Keiichiro Kawarabayashi
    掲載誌名 : IASDR2007
    出版年月 : 2007年11月
    巻・号・頁 : IASDR2007
  • プロダクトデザインにおける創造性と方法論
    著者名 : 櫛 勝彦
    掲載誌名 : 京都工芸繊維大学学位論文
    出版年月 : 2007年09月
    巻・号・頁 : -
  • 「ソリューション」を超えるデザイン - アーティストの思考過程から発想するデザイン -
    著者名 : 櫛 勝彦
    掲載誌名 : デザイン理論
    出版年月 : 2006年12月
    巻・号・頁 : 49号・pp.19-32
  • The Role of Experience in Kansei Design Process
    著者名 : Katsuhiko Kushi, Yoji Kitani, Mikio Fujito
    掲載誌名 : Kansei Engineering International
    出版年月 : 2005年12月
    巻・号・頁 : Vol.5 No. 3, pp.25-34
  • Proposal for a Need Finding Method -A Papid Ethnographical Approach with New Tools-
    著者名 : Katsuhiko Kushi, Mayu Tsujimoto, Yoji Kitani, Mikio Fujito
    掲載誌名 : International Design Congress, IASDR 2005 Proceedings of International Congress
    出版年月 : 2005年11月
    巻・号・頁 : IASDR 2005 Proceedings of International Congress
  • Design management of local name's brand equity
    著者名 : *Mai Okamoto, Katsuhiko Kushi, Yoji Kitani, Miko Fujito
    掲載誌名 : International Design Congress - IASDR 2005 Proceedings of International Congress (CD-ROM)
    出版年月 : 2005年11月
    巻・号・頁 : IASDR 2005 Proceedings of International Congress (CD-ROM)
  • The design needs to consider the sihouette and regional demand
    著者名 : *Mikio Fujito, Noboru Koyama, Yoji Kitani, Katsuhiko Kushi
    掲載誌名 : International Design Congress - IASDR 2005 Proceedings of International Congress (CD-ROM)
    出版年月 : 2005年11月
    巻・号・頁 : IASDR 2005 Proceedings of International Congress (CD-ROM)
  • New Approach of Experience Design for Organizing Educational Structure of University in Japan
    著者名 : T. Fukuda, K. Yamamoto, K.Kushi, K.Morimoto, N. Torimiya
    掲載誌名 : International Design Conference 2005
    出版年月 : 2005年11月
    巻・号・頁 : CD-ROM
  • Design Role in Society Examined Through Design Awards 1
    著者名 : *Yoji Kitani, Katsuhiko Kushi, Mikio Fujito
    掲載誌名 : International Design Congress - IASDR 2005 Proceedings of International Congress (CD-ROM)
    出版年月 : 2005年11月
    巻・号・頁 : IASDR 2005 Proceedings of International Congress (CD-ROM)
  • スポーツ選手の快適感昂揚のためのフラクタル理論を用いた自己相似映像の生成とその評価
    著者名 : *森本一成、櫛勝彦、佐藤哲也、黒川隆夫
    掲載誌名 : デサントスポーツ科学
    出版年月 : 2004年06月
    巻・号・頁 : 25号・pp.19-32
  • 「経験」とデザイン
    著者名 : *櫛勝彦
    掲載誌名 : デザイン理論
    出版年月 : 2003年11月
    巻・号・頁 : 43号・pp.5-19
  • Designer as Penetrative Observer
    著者名 : *櫛勝彦
    掲載誌名 : デザイン理論
    出版年月 : 2001年11月
    巻・号・頁 : 40号・pp.43-56
  • New Approach of Experience Design for Organizing Educational Structure of University in Japan
    著者名 : Tamio Fukuda, Kentaro Yamamoto, Katsuhiko Kushi, Kazunari Morimoto, Naomichi Torimiya
    掲載誌名 : International Design Congress, IASDR 2005 Proceedings of International Congress
    出版年月 : 2005年
  • 新商品開発における集団的創造の問題と要因
    著者名 : 畔柳加奈子,櫛 勝彦
    掲載誌名 : デザイン理論
    出版年月 : 2017年01月
    巻・号・頁 : 69号・pp.29-42
  • 高齢者の自助生活のためのカレンダー・システムの提案
    著者名 : 櫛勝彦, 畔柳加奈子, 伊賀陽祐, 栗野正雄, 羽田亜美, 井上裕功, 鳥宮尚道
    掲載誌名 : ヒューマンインタフェース2017
    出版年月 : 2017年09月
    巻・号・頁 : pp.799-806
  • 新商品開発における開発目標の質と設定に至るプロセスの関係
    著者名 : 畔柳加奈子、櫛勝彦
    掲載誌名 : デザイン理論
    出版年月 : 2018年07月
    巻・号・頁 : 72号・pp33-47
  • 木育玩具の分類とその教育効果の調査分析
    著者名 : 林秀紀、櫛勝彦、井上勝雄
    掲載誌名 : 日本感性工学会論文誌
    出版年月 : 2018年08月
    巻・号・頁 : 17巻・4号・pp.489-497
  • 新商品開発におけるニーズ定義プロセスと商品コンセプトの質の関係 - 比較実験および発話の解析 -
    著者名 : 畔柳加奈子, 櫛勝彦
    掲載誌名 : デザイン理論
    出版年月 : 2019年08月
    巻・号・頁 : 74号, pp.97-112

著書等

  • 情報デザイン分野のデザイン教育
    著者名 : 櫛 勝彦
    出版社名 : ヒューマンインタフェース学会
    出版年月 : 2014年02月
  • HCDのためのラピッドエスノグラフィー
    著者名 : 櫛 勝彦
    出版社名 : 日本デザイン学会
    出版年月 : 2011年06月
  • 『デザインの力』(共著)
    著者名 : 永井 隆則(編者), 中野 仁人, 櫛勝彦
    出版社名 : 晃洋書房
    出版年月 : 2010年11月
  • 情報デザインの教室
    著者名 : 櫛 勝彦, 山崎和彦, 浅野智, 上平崇仁, 木村博之, 小池星多, 島村隆一, 寺沢秀雄
    出版社名 : 丸善株式会社
    出版年月 : 2010年08月
  • インタラクションデザイン教育の実践
    著者名 : 櫛 勝彦
    出版年月 : 2008年05月
  • ロボット教材を用いたインタラクションデザイン教育
    著者名 : 櫛 勝彦
    出版年月 : 2008年05月
  • ユーザビリティハンドブック
    著者名 : 黒須正明、小松原明哲、早川誠二、山岡俊樹、若松正晴を編集幹事とする多数専門家による共同執筆、櫛 勝彦
    出版社名 : 共立出版
    出版年月 : 2007年08月
  • 製品デザイン開発における日欧電機メーカーの比較研究(2)
    著者名 : 櫛勝彦
    出版社名 : 日本感性工学会
    出版年月 : 2006年10月
  • 芸術家の発想過程から考えるデザインプロセス
    著者名 : 櫛勝彦
    出版社名 : 日本感性工学会
    出版年月 : 2006年10月
  • 京都のもてなしに見るデザイン感性
    著者名 : 櫛 勝彦
    出版社名 : 京都工芸繊維大学
    出版年月 : 2006年03月
  • デザイン創造の醸成環境と方法論
    著者名 : 櫛 勝彦
    出版年月 : 2005年09月
  • ワークショップ 人間生活工学 第一巻 人にやさしいものづくりのための方法論
    著者名 : 櫛勝彦、*吉岡松太郎、深澤直人、黒須正明、高橋美和子、小松原明哲、山岡俊樹、星川安之、関根千佳、徳田哲男、高杉和徳、三枝繁雄、大須賀恵美子
    出版社名 : 丸善株式会社
    出版年月 : 2005年02月
  • コンピュータを利用したデザイン調査の分析・編集とアイデア開発
    著者名 : *櫛勝彦
    出版社名 : 京都工芸繊維大学
    出版年月 : 2003年11月

作品・製品等

  • Benesse Be-Go Global
    発表者名 : 櫛 勝彦
    発表場所 : Benesse ウェブサイト http://www.benesse.co.jp/bg/
    発表年月 : 2009年11月
    作品区分 :技術製品
  • 創作ツール ひねもすキット
    発表者名 : 株式会社コト
    発表場所 : 日本ホビーショー
    発表年月 : 2004年05月
    作品区分 :その他
  • 携帯学習機器 ポケットチャレンジV2
    発表者名 : ベネッセコーポレーション
    発表場所 : http://pc.benesse.co.jp/
    発表年月 : 2002年02月
    作品区分 :その他

受賞

NO.受賞年月受賞名授与者
2014年07月グッドプレゼンテーション賞日本デザイン学会
2010年07月第4回キッズデザイン賞キッズデザイン協議会
2004年04月第4回ホビー産業大賞 経済産業省製造産業局長賞(社)日本ホビー協会
1994年08月Red Dot / Design InnovationNordrhein Westfalen Design Zentrum
1986年06月Design & Engineering AwardConsumer Electronics Show (US)
1983年10月第一回国際デザインコンペティション協会会長賞国際デザイン交流協会


© Kyoto Institute of Technology, © Media Fusion Co., Ltd.