北所 健悟 

所属部署分子化学系
職名准教授
Last Updated :2021/09/17

プロフィール

取得学位

  • 修士(工学), 大阪大学, 1990年03月
  • 博士(理学), 京都大学, 1995年05月

職歴(学外)

  • 1999年07月~2001年03月, ジェノバ大学, 文部省在外研究員
  • 1990年04月~1996年03月, 塩野義製薬(株)中央研究所, 研究員
  • 1996年04月~2002年03月, 京都大学 理学部附属機器分析センター, 助手
  • 2002年04月~2007年09月, 京都大学 低温物質科学研究センター, 助教
  • 職歴(学内)

  • 2007年10月~, 京都工芸繊維大学, 准教授
  • 教育活動

    担当授業

    • 生体機能物質化学
    • 生化学Ⅱ
    • 生体分子工学
    • タンパク質機能構造
    • 生体分子機構解析学

    シラバス

    『シラバスシステムへのリンク』

    研究活動

    研究分野

    • 研究課題:
      • プラスチック分解酵素の構造生物学的研究
      • X線構造解析法によるタンパク質の構造機能相関
      • 毒素タンパク質の構造生物学的研究
      • インシリコを用いたドラッグデザインによる阻害剤の評価
      • ドラッグリポジショニングによる毒素タンパク質のX線構造解析

    所属学会

      日本化学会, 日本結晶学会, 日本ウイルス学会, 日本細菌学会, 日本薬学会, 日本生物物理学会, トキシンシンポジウム

    論文

    • Crystal structure of pathogenic Staphylococcus aureus lipase complex with the anti-obesity drug orlistat.
      著者名 : 北所健悟, 田中睦美, 引間孝明, 奥野友紀子, 山本雅貴, 神谷重樹
      出版年月 : 2020年03月
      巻・号・頁 : 10, 5469
    • Structural insights into the unique polylactate-degrading mechanism of Thermobifida alba cutinase.
      著者名 : Kitadokoro K, Mizuki K, Matsui S, Osokoshi R, Uschara T, Kawai F, Kamitani S.
      掲載誌名 : FEBS J.
      出版年月 : 2019年06月
      巻・号・頁 : 286(11):2087-2098.
    • Significance of a histone-like protein with its native structure for the diagnosis of asymptomatic tuberculosis
      著者名 : Yukio Ohara, Yuriko Ozeki, Yoshitaka Tateishi, Tsukasa Mashima, Fumio Arasaka, Yasuo Tsunaka, Yoshie Fujiwara, Akihito Nishiyama, Yutaka Yoshida, Kengo Kitadokoro, Haruka Kobayashi, Yukihiro Kaneko, Ichiro Nakagawa, Ryoji Maekura, Saburo Yamamoto, Masato Katahira, Sohkichi Matsumoto
      掲載誌名 : PLoS One
      出版年月 : 2018年10月
      巻・号・頁 : 13(10):e0204160.
    • Staphylococcus aureus lipase: purification, kinetic characterization, crystallization and crystallographic study
      著者名 : Mutsumi Tanaka, Shigeki Kamitani and Kengo Kitadokoro
      掲載誌名 : Acta Cryst. F
      出版年月 : 2018年09月
      巻・号・頁 : F74, 567–570
    • Expression, purification and and crystallization of thermostable mutant of cutinase Est1 from Thermobifida alba.
      著者名 : Kengo Kitadokoro, Shingo Matsui, Ryouhei Osokoshi, Kensuke Nakata, Uschara Thumarat, Fusako Kawai, Shigeki Kamitani
      掲載誌名 : Advances in Bioscience and Biotechnology
      出版年月 : 2018年08月
      巻・号・頁 : 9, 378-379
    • ボツリヌス菌由来ヘマグルチニンの立体構造.
      著者名 : 1) 阿松 翔, 菅原 庸, 藤永由佳子,北所健悟
      掲載誌名 : 日本結晶学会誌
      出版年月 : 2015年08月
      巻・号・頁 : 57, 233-238.
    • Crystal structure of Clostridium botulinum whole hemagglutinin reveals a huge triskelion-shaped molecular complex.
      著者名 : Sho Amatsu, Yo Sugahara, Matsumura Taku, Kengo Kitadokoro, Yukako Fujinaga
      掲載誌名 : The Journal of Biological Chemistry
      出版年月 : 2013年12月
      巻・号・頁 : 288,  pp.35617-35625.
    • 食中毒を引き起こすウェルシュ菌エンテロトキシンCPEの構造生物学的研究
      著者名 : 北所 健悟, 西村昂亮, 神谷重樹, 堀口安彦
      掲載誌名 : 日本結晶学会誌
      出版年月 : 2013年06月
      巻・号・頁 : Volume 55 ・(3)・223
    • Visualization of mitochondria in living cells with a genetically encoded yellow fluorescent protein originating from a yellow-emitting luminous bacterium
      著者名 : Hajime Karatani, Yuki Namikawa, Naomi Mori, Yukihiro Nishikawa, Saki Imai, Yutaka Ihara, Aya Kinoshita, Kengo Kitadokoro, Hiroshi Oyama
      掲載誌名 : Photochemical & Photobiological Sciences
      出版年月 : 2013年04月
      巻・号・頁 : 12, 944-956
    • Crystal structure of cutinase Est119 from Thermobifida alba AHK119 that can degrade modified polyethylene terephthalate at 1.76 A resolution.
      著者名 : Kengo Kitadokoro, Uschara Thumarat, Ryota Nakamura, Kousuke Nishimura, Hajime Karatani, Fusako Kawai, Hideyuki Suzuki
      掲載誌名 : Polymer Degradation and Stability
      出版年月 : 2012年05月
      巻・号・頁 : 97・5・771-775
    • Crystallization and preliminary crystallographic studies on the HA3 subcomponent of type B botulinum neurotoxin complex.
      著者名 : Kousuke Mishimura, Kengo Kitadokoro, Yuki Takegahara, Yo Sugahara, Taku Matsumura, Hajime Karatani, Yukako Fujinaga
      掲載誌名 : Acta Crystallographica Section F
      出版年月 : 2011年10月
      巻・号・頁 : F67, 1244-1246.
    • Enzymatic actions of Pasteurella multocida toxin detected by monoclonal antibodies recognizing the deamidated α subunit of the heterotrimeric GTPase Gq.
      著者名 : Shigeki Kamitani, Shinpei Ao, Hirono Toshima, Taro Tachibana, Makiko Hashimoto, Kengo Kitadokoro, Aya Fukui-Miyazaki, Hiroyuki Abe, Yasuhiko Horiguchi
      掲載誌名 : FEBS Journal
      出版年月 : 2011年08月
      巻・号・頁 : 278・15・2702
    • Crystal structure of Clostridium perfringens enterotoxin displays features of beta-pore-forming toxins.
      著者名 : Kengo Kitadokoro, Kousuke Nishimura, Shigeki Kamitani, Aya Fukui-Miyazaki, Hirono Toshima, Hiroyuki Abe, Yoichi Kamata, Yoshiko Sugita-Konishi, Shigeki Yamamoto, Hajime Karatani, Yasuhiko Horiguchi
      掲載誌名 : The Journal of Biological Chemistry
      出版年月 : 2011年06月
      巻・号・頁 : 286・22・19549
    • A histone-like protein of mycobacteria possesses ferritin superfamily protein-like activity and protects against DNA damage by Fenton reaction.
      著者名 : Masaki Takatsuka, Mayuko Osada-Oka, Eisuke F. Satoh, Kengo Kitadokoro, Yukiko Nishiuchi, Mamiko Niki, Masayasu Inoue, Kazuhiro Iwai, Tetsuo Arakawa, Yoshihiro Shimoji, Hisashi Ogura, Kazuo Kobayashi, Anura Rambukkana, Sohkichi Matsumoto
      掲載誌名 : PLoS One
      出版年月 : 2011年06月
      巻・号・頁 : 6・6・e20985
    • Characterization of the membrane-targeting C1 domain in Pasteurella multocida toxin.
      著者名 : Shigeki Kamitani, Kengo Kitadokoro, Masayuki Miyazawa, Hirono Toshima, Aya Fukui, Hiroyuki Abe, Masami Miyake, Yasuhiko Horiguchi
      掲載誌名 : The Journal of Biological Chemistry
      出版年月 : 2010年08月
      巻・号・頁 : 285・(33)・25467-75
    • Human Nei-like protein NEIL3 has AP lyase activity specific for single-stranded DNA and confers oxidative stress resistance in Escherichia coli mutant.
      著者名 : Takao, M., Oohata, Y., Kitadokoro, K., Kobayashi, K.,, Iwai, S., Yasui, A, Yonei, S., Zhang, Q. M.
      掲載誌名 : Genes Cell
      出版年月 : 2009年02月
      巻・号・頁 : 14, 261-270.
    • Pasteurella multocida由来の細菌毒素の細胞内機能領域の構造と機能解析
      著者名 : 北所 健悟, 神谷重樹, 堀口安彦
      掲載誌名 : 日本結晶学会誌
      出版年月 : 2008年06月
      巻・号・頁 : 50(3), 187-194.
    • ヒトへ感染するパスツレラ菌由来毒素の立体構造
      著者名 : 北所 健悟
      掲載誌名 : 化学
      出版年月 : 2007年05月
      巻・号・頁 : 62, p. 69.
    • Crystal structures reveal a thiol protease-like catalytic triad in the C-terminal region of Pasteurella multocida toxin.
      著者名 : 北所 健悟, 神谷重樹, 宮澤雅之, 花島ー小澤美幸, 福井理, 三宅政実, 堀口安彦
      掲載誌名 : Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America
      出版年月 : 2007年03月
      巻・号・頁 : 104, 5139-5144
    • Crystallization and preliminary crystallographic studies of the Pasteurella multocida toxin catalytic domain.
      著者名 : 宮澤雅之, 北所 健悟, 神谷重樹, 志馬寛明, 堀口安彦
      掲載誌名 : Acta CrystallographicaSection F Structural Biology and Crystallization Communications
      出版年月 : 2006年05月
      巻・号・頁 : F62, pp. 906-908
    • X-ray structural analysis of Pasteurella multocida toxin by the MAD methods.
      著者名 : 北所 健悟, 宮澤雅之, 神谷重樹, 堀口安彦
      掲載誌名 : Spring-8 User Experiment Report
      出版年月 : 2005年12月
      巻・号・頁 : 15, p. 179
    • Structural biology of Clostridium perfringens toxin.
      著者名 : 北所 健悟, 宮澤雅之, 堀口安彦
      掲載誌名 : Spring-8 User Experiment Report
      出版年月 : 2005年06月
      巻・号・頁 : 14, p. 292.
    • Structural biology of diphteria toxin vaccine II.
      著者名 : 北所 健悟, 陰山卓也, 目加田英輔
      掲載誌名 : Spring-8 User Experiment Report
      出版年月 : 2005年01月
      巻・号・頁 : 13, p. 311
    • HCVワクチン開発のためのCD81の構造生物学的研究.
      著者名 : 北所 健悟
      掲載誌名 : ウイルス
      出版年月 : 2004年11月
      巻・号・頁 : 54, pp. 39-47.

    著書等

    • 日本の結晶学(II)-その輝かしい発展
      著者名 : 北所 健悟, 他(日本結晶学会「日本の結晶学(Ⅱ)」出版編集委員会 編)
      出版社名 : 日本結晶学会
      出版年月 : 2014年07月

    科学研究費助成事業

    NO.研究種目研究課題交付年度
    挑戦的萌芽研究分子スイッチ能を有する毒素を利用した新規なセシウムイオン捕捉剤の作製2018
    挑戦的萌芽研究分子スイッチ能を有する毒素を利用した新規なセシウムイオン捕捉剤の作製2017
    挑戦的萌芽研究分子スイッチ能を有する毒素を利用した新規なセシウムイオン捕捉剤の作製2016
    新学術領域研究パスツレラ毒素によるヘテロ3量体Gタンパク質のシグナル伝達活性化機構の構造的基盤2014
    基盤研究(C)食中毒を引き起こす細菌毒素タンパク質の構造生物学的研究2013
    新学術領域研究パスツレラ毒素によるヘテロ3量体Gタンパク質のシグナル伝達活性化機構の構造的基盤2013
    基盤研究(C)食中毒を引き起こす細菌毒素タンパク質の構造生物学的研究2012
    新学術領域研究毒素タンパク質のシグナル伝達活性化メカニズムの構造的基盤2012
    新学術領域研究毒素タンパク質のシグナル伝達活性化メカニズムの構造的基盤2011
    基盤研究(C)食中毒を引き起こす細菌毒素タンパク質の構造生物学的研究2011
    ボツリヌスHAの細胞間バリア破壊作用の分子機構と病態における意義について2010
    ボツリヌス神経毒素複合体赤血球凝集因子の腸管上皮細胞バリア通過機構解明2009
    ボツリヌスHAの細胞間バリア破壊作用の分子機構と病態における意義について2009
    ボツリヌス神経毒素複合体赤血球凝集因子の腸管上皮細胞バリア通過機構解明2008


    © Kyoto Institute of Technology, © Media Fusion Co., Ltd.